肌を清潔にする

肌をしっかりと保湿することは重要ですが、保湿の効果を高め、アトピーの症状を抑えるためには、肌を清潔に保つことも大切です。肌を清潔に保つためには、きちんと風呂に入って体を洗う必要があるでしょう。このときにも注意点がいくつかあります。基本的なことは、石鹸を十分泡立ててから使うことと、強く肌を擦らないことです。洗い残しがないことも重要なので、必ず確認をしましょう。

お風呂風呂に浸かる場合には、熱すぎるお湯は肌によくありません。また、長時間浸かるのもよくありませんので、適度な時間と適度な温度を心がけましょう。風呂に入ってきちんと体を洗ったら、しっかりと水分を拭き取らないといけません。ある程度拭き取ればよいと考えている人もいるでしょうが、これでは肌を清潔に保つことが難しくなります。洗うときと同様に、強く擦るのは止めましょう。

汗をかいた場合には、できるだけ早く風呂に入って洗い流すことが大切です。どうしても風呂に入ることができない場合には、汗を拭き取ることが重要になります。全くやらないよりは肌を清潔に保てるので、タオルは持ち歩くべきです。夏場は複数回風呂に入ることもあるでしょうが、石鹸を使いすぎると逆効果なので、石鹸を使うのは1日1回がベストです。

保湿を十分に行う

肌ケアの基本となるのはやはり保湿です。アトピーの人もしっかりと保湿をしておかないと、症状が悪化してしまうので注意しましょう。そこで正しいケア方法はどのようになっているのかを再確認し、間違っている点があれば改善しないといけません。まずは保湿剤の選び方ですが、保湿剤にはいろいろな種類が存在しています。その人の肌質によっても向き不向きがあるので注意しないといけません。

保湿
出典元 {みんなの肌潤糖:アトピー対策

アトピーの人は一般の人よりもしっかりと保湿をしなければいけないので、保湿力の強い種類を選ぶべきです。ただし、ワセリンなどの油性保湿剤は使わないようにしましょう。なぜなら水分を補給する効果があまりないからです。油性保湿剤は水分を逃がさないために利用されるので、アトピーの人は敏感肌用の保湿剤を使うのがよいでしょう。敏感肌の用の保湿剤は、肌に優しい作りになっています。

保存料や着色料、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が使用されていないオーガニックの保湿剤を選ぶのが基本です。使うときには優しく手のひらで広げ、強く擦らないようにしましょう。保湿剤が肌に合わない場合も考えられるので、もし湿疹が出てきた場合や、よりかゆみが酷くなった場合には、すぐに使用を止めて皮膚科を受診しないといけません。できれば使用した保湿剤を持っていくと、診察が正確にできるようになります。続いては、肌を清潔に保つことについて説明します。

アトピーのケア方法

最近はアレルギー体質の人が増えていますが、アトピー皮膚炎もアレルギーの一種です。そのため、1度アトピーになってしまうとなかなか治らないので、状態を軽くしていくしかなくなるでしょう。そこで重要になるのが、正しいケアができているかという点なのですが、どのようなケアを行うべきなのでしょうか。重要になるポイントは3つあるのですが、1つ目は肌を乾燥させないこと2つ目は肌を清潔な状態に保つことです。3つ目はアレルゲンとなる物質を遠ざけることです。

紫外線3つとも重要なのですが、まずはアレルゲンに関して注意しておきましょう。アレルゲンとなる物は人によって多少変わりますが、アトピーの場合には肌への刺激に注意しないといけません。特に紫外線には注意が必要で、アトピーの人が強い紫外線を受けると、症状が悪化する場合があります。通常皮膚というのは、水分が肌への刺激から守ってくれるのですが、アトピーの人はこのバリア機能が弱くなっている状態です。

そのため、外部からの刺激を守ることができないので、大きなダメージを受けてしまうことが多いのです。外部から刺激を受けると、より肌が乾燥しやすくなりますし、強いかゆみが発生することもあります。掻いてしまえばキズになってしまい、雑菌が入り込みやすくなることから、どんどん症状が悪化してしまうでしょう。まずはアレルゲンや刺激をできる限り避けることから始めてみるべきです。いくら肌の状態をよくしても、原因を排除できなければ効果は薄くなります。