肌を清潔にする

肌をしっかりと保湿することは重要ですが、保湿の効果を高め、アトピーの症状を抑えるためには、肌を清潔に保つことも大切です。肌を清潔に保つためには、きちんと風呂に入って体を洗う必要があるでしょう。このときにも注意点がいくつかあります。基本的なことは、石鹸を十分泡立ててから使うことと、強く肌を擦らないことです。洗い残しがないことも重要なので、必ず確認をしましょう。

お風呂風呂に浸かる場合には、熱すぎるお湯は肌によくありません。また、長時間浸かるのもよくありませんので、適度な時間と適度な温度を心がけましょう。風呂に入ってきちんと体を洗ったら、しっかりと水分を拭き取らないといけません。ある程度拭き取ればよいと考えている人もいるでしょうが、これでは肌を清潔に保つことが難しくなります。洗うときと同様に、強く擦るのは止めましょう。

汗をかいた場合には、できるだけ早く風呂に入って洗い流すことが大切です。どうしても風呂に入ることができない場合には、汗を拭き取ることが重要になります。全くやらないよりは肌を清潔に保てるので、タオルは持ち歩くべきです。夏場は複数回風呂に入ることもあるでしょうが、石鹸を使いすぎると逆効果なので、石鹸を使うのは1日1回がベストです。