保湿を十分に行う

肌ケアの基本となるのはやはり保湿です。アトピーの人もしっかりと保湿をしておかないと、症状が悪化してしまうので注意しましょう。そこで正しいケア方法はどのようになっているのかを再確認し、間違っている点があれば改善しないといけません。まずは保湿剤の選び方ですが、保湿剤にはいろいろな種類が存在しています。その人の肌質によっても向き不向きがあるので注意しないといけません。

保湿
出典元 {みんなの肌潤糖:アトピー対策

アトピーの人は一般の人よりもしっかりと保湿をしなければいけないので、保湿力の強い種類を選ぶべきです。ただし、ワセリンなどの油性保湿剤は使わないようにしましょう。なぜなら水分を補給する効果があまりないからです。油性保湿剤は水分を逃がさないために利用されるので、アトピーの人は敏感肌用の保湿剤を使うのがよいでしょう。敏感肌の用の保湿剤は、肌に優しい作りになっています。

保存料や着色料、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が使用されていないオーガニックの保湿剤を選ぶのが基本です。使うときには優しく手のひらで広げ、強く擦らないようにしましょう。保湿剤が肌に合わない場合も考えられるので、もし湿疹が出てきた場合や、よりかゆみが酷くなった場合には、すぐに使用を止めて皮膚科を受診しないといけません。できれば使用した保湿剤を持っていくと、診察が正確にできるようになります。続いては、肌を清潔に保つことについて説明します。